丈夫な折りたたみ傘 TOUGHNESS MINI

風に強い!折れにくい!丈夫な傘!

強化プラスチック製の骨が風速15m/sに耐え、丈夫で壊れにくく強風にも負けないタフネス構造の傘。強風にあおられて傘がひっくり返っても簡単に元に戻る構造の折りたたみ傘です。

Color Variation

風速15m/sに耐える折りたたみ傘

傘骨を丈夫に設計しようとする場合、どうしても硬い・太い素材を選択しなければならず、必然的に製品重量が重くなってしまいます。アンベル株式会社では製品重量を重くせず強風に耐える構造を目指し、「風をいなす」という発想で製品を開発。つまり傘骨が風に応じて柔軟にしなることで壊れにくい構造を実現しています。

親骨はメタルレス構造

通常折りたたみ傘は製品重量を軽くする為にアルミニウムなどの金属を使用します。しかし傘に使われるアルミニウムは強度が弱いので、強風にさらされたら骨が曲がるか折れるかなどで破損してしまいます。「風をいなす」ためには竹のように柔軟であることが求められ、従来のアルミニウム素材を見直し強化プラスチックを傘骨素材に採用することで、強風に対し柔軟なフレームが生まれました。

柔軟にしなる親骨

ひっくり返っても元通り

強風で傘があおられ、”おちょこ状態” になり傘が壊れてしまう場合があります。タフネスミニは強化プラスチック素材を使用することで骨が簡単に元に戻る構造になっています。また耐久性にもすぐれ、風を当てておちょこ状態にしてから戻す検査を100回繰り返し行いましたが、破損や変形はありません。

傘がひっくり返っても・・・
傘がひっくり返っても・・・
ランナーを引き下げると元通りに
ランナーを引き下げると元通りに

強風にも負けないタフネス構造

丈夫なのは強化プラスチック素材だけではありません。随所に壊れにくい工夫をしています。

リベットレスジョイントシステム

折りたたみ傘は通常3段に折れ曲がる構造になっていますが、その折れ曲がる接続部には金属製のリベットが使われています。金属製リベットは簡単に壊れてしまうものではありませんが、負荷がかかるとやはり曲がったり折れたりしてしまいます。特に突風などの瞬発的な風にはリベットへ大きな負荷がかかる場合があります。タフネスミニは故障の原因となるリベットを排除し、ジョイント部分は強化プラスチック骨一体のはめ込み式になっています。

リベットレスジョイントシステム
リベットレスジョイントシステム
従来式のリベット有り構造
従来式のリベット有り構造

ドデカゴンシャフト

タフネスミニのシャフトはドデカゴン形状(12角形)で、壊れにくい構造。

*通常折りたたみ傘にはしないシャフトの曲げ強度試験を実施。1.5kgのおもりを1分間つるす試験を実施しましたが、シャフトは湾曲しますが、割れたり折れたりはしませんでした。

プッシュプルランナー

傘を開閉する際にスライドさせる部分をランナーと呼びますが、タフネスミニのランナーにはボタン操作は必要ありません。傘を開くときも閉じるときもランナーをスライドさせるだけです。

シャフトにフィットするランナー

タフネスミニ
タフネスミニ
一般的なランナー
一般的なランナー

一般的な折りたたみ傘のシャフトは、ハンドル側になるほど太く、上部は細くなります。タフネスミニはその逆の構造で、上部が太くなっています。上部が太いとランナーとシャフトがフィットし、強風に対してもグラつきにくい構造となります。

8本骨で生地をしっかりと支えます

一般的な折りたたみ傘の親骨は6本ですが、タフネスミニは骨の数が8本です。少しの違いのように感じるかもしれませんが、骨の数が多いと生地をしっかりと支えてくれますので、傘骨がグラつきにくくなります。

タフネスミニは骨が8本
タフネスミニは骨が8本
一般的な折りたたみ傘は骨が6本
一般的な折りたたみ傘は骨が6本

ナノテク強力撥水持続加工 Easy-Dry

タフネスミニの生地には強力撥水が長もちするコーティングEasy-Dry加工済み。撥水剤をナノクラスの細かい微粒子に改良することで、繊維の奥深くまで撥水コーティングが浸透し剥離しにくくなります。

傘ゴミをなくそう

傘は構造が複雑かつ様々な素材が使われていますので、分解してリサイクルすることが難しい製品です。壊れた傘は公共の場での投棄、焼却処分、埋立て処分などの結末をたどります。投棄は当然ながら非常に迷惑な行為ですし、焼却処分は二酸化炭素が発生します。埋立て処分するにも限界があり、やはり傘ゴミを減らしていくべきです。すぐに壊れてゴミになってしまう傘よりも、丈夫な傘を使用することで環境に貢献できると考えます。

Color Variation